FC2ブログ

記事一覧

【4号機】 爆裂AT機時代の設定配分と設定推測の奥深さ


今回のお話は

『過去に設定師の知り合いが居た』

というメリットを生かした記事になります。



その中でも今回は


『4号機爆裂AT機時代』


のホールで実際に投入されていた設定配分を

『設定師という身分上、”答え合わせ”付きで各設定の挙動が見えていた』

当時の現役設定師の生の声と共に紹介していきます。






⇩爆裂AT機時代の名機 サイバードラゴン
パチスロ画像 サイバードラゴン
©山佐





このお話の”答え合わせ付き”という事はとても重要な事で

僕ら一般ユーザーが、台の設定を推測しながらなんとなく挙動を見るのと

初めから台の設定を知っていて、台の挙動を見るのとでは

その経験値は前者と後者とで、雲泥の差になるんですよ。






・・・例えば、当時の台の”猛獣王”が有るじゃないですか



⇩  猛獣王

パチスロ画像 猛獣王

©サミー



この台の設定6のAT突入率は

『内部状態を問わず、完全ハズレ成立時の1/2』

という確率なんですが



・・・1/2という確率は怖ろしいものでして


僕の友人が、猛獣王で

『ハズレ6回連続スカ』

という挙動をしたので、その台を諦めたところ


・・・なんとその台が設定6だったんですよね。






この挙動は、ユーザー目線で見ると


『設定判別要素が弱すぎるため、低設定と思い込んで打つので

設定6の”下振れ挙動”という認識にならず経験値を詰めない』


という思い出になってしまうんですよね。




・・・猛獣王なんで、後に答え合わせが出来るんで

少し例としては悪かったですけどねw




5号機の”バジリスク絆”とかの例だったら顕著だったかな?



・・・これが最初から”答え合わせ付き”で稼働していると

『設定6でもこんな事が起こるんだなあ』

という、確かな経験値になると言う訳です。





・・・高設定の”確定告知”が出てもスマホを見ている場合じゃないですよ!

経験値を積む千載一遇のチャンスなんです!



僕は以前に”サクラ”をやっていて

この”答え合わせ付きで稼働出来る”という事のありがたみを知っているので


パチスロを打っている上で

確定告知が来てからが楽しいという側面もあるんですけどね。




・・・設定判別が上手くなりたい方は頭に入れておいて損は無いと思います。






そんなこんなで、当時のホールの設定状況を紹介していきましょう。

もちろん、平常営業とイベント時では設定状況は大幅に違うんですが

今回はそこそこの優良店。


『イベント時に設定6を使う店』


の”サラリーマン金太郎”の設定状況を紹介します。




前提条件として



・等価店

・金太郎は20台設置

・稼働はイベント時にはほぼフル稼働



という事を頭に入れておいてください。




それでは平常営業から。



設定1  12/20

設定2  7/20

設定4   1/20




他の設定は入っていませんw

当時の情報なんで、詳しくは覚えていませんが


要は

『設定1と設定2がおよそ半々で、設定4が1台入っている』

という事を言っていました。




・・・月末か月半ばかでも違うらしいんですが、平常営業なんてこんなもんです。

お客さんは”事故”を願ってジャブジャブお金を入れていた・・・

そんな時代であります。




それではイベント時の設定を紹介します。



設定1 14/20

設定2  3/20

設定6  3/20



こんな感じです。

みなさんはこの設定配分を見てどう思いますか?



一般ユーザーからしてみれば

「設定6が3台しか入ってない!ボッタくり!インチキ!」

なんて思うかもしれませんが、設定師の目線の談話を聞くと



「めっちゃ怖い、どうなるか読めない」


というのが、設定師の心理だそうです。

解説していきます。






当時のAT機は、金太郎の場合は

『高確率状態でATを引かなければ、出玉を大量に獲得出来ない』

というスペックでしたので、たまに

『5000枚しか出ない不発』

なんかもあったのですが、


設定6の出玉はアベレージで言うと10000枚くらいはあった上に

『高確率状態でATを引きまくる』

という神が金太郎を打てば3万枚なんかは射程範囲でしたので

まあ、ホールとしては”設定6は10000枚出されるのを覚悟する”という設定だったんですよね。




で、設定1or設定6の営業の何が恐ろしいかって

『設定1の誤爆』

なんですよ。



・・・これが結構な頻度で起こるから、

稼働が悪いホールなどは設定6を使えないという事もあったんですね。




設定1で誤爆されると酷いですよ!

設定6は安定して出る上に、設定1でも出されるという

ホールとしては地獄のような光景になるんですからねw



設定4を最高設定にするホールがあるのも頷けますね。




イベント時の設定師の心情は

『設定2で最初だけ良い挙動をして、出来るだけ吸い込め!』

だったそうですw



ホールが設定2を使うメリットは



・偶数設定の挙動をする


・設定4と間違えた人が全ツして負けることもある




という運任せの吸い込み要因だったと聞きます。



たまたま最初に良い挙動をした設定2を

中身を知らないお客さんが

「設定4かもしれない」

と思って粘るのを期待していたそうです。






・・・この感じは見極めが難しいですよね。


今の台で言えば、番長3の設定5を視野に入れていたとして

『最初のBBで絶頂対決を引いてしまった場合』

どこで見切りをつけるのか・・・




人それぞれ判断基準は違うと思いますが

『BB4回まで見る』

という人や

『BB8回で見切る』

なんて人、通常時の挙動も併せて見切る人が居るかと思いますが



・・・皆さんどうしていますか?






皆さんの設定5の扱いにもよると思うのですが、僕は一貫して

『設定6を狙って、その結果設定5なら打つ』

という姿勢にしています。


設定6が薄くなった時点で設定5が濃厚になっていなければ

容赦なく捨てます、キリがないんで。




まず番長3は、AT中にBBを引くのが大変ですし

設定5は魅力的な機械割ですが、

その割はすべて絶頂対決に振り分けられていると言っても過言ではなく


通常時は設定1と比べても

『わずかに確定チェリーと通常BB が引ける』

くらいの感じに設計されていますので


ATに入れる→さらにBBを引く→1/4を突破し絶頂対決に突入させる

という流れは、下手をすれば1日に一回も出来ない

そんな設定5も多々見てきています。




そして、終了画面の”金閣寺出現”という設定5濃厚演出はありますが

『いくら回しても、設定5の確率を0にはできない』

と思っていますので、

僕は設定5は”天下の回りもの”くらいに思っていますw





僕が設定5を掴むときはだいたい、設定6を狙っている上で


「通常BB が来たな」


とか


「確定チェリーが来たな」


なんて感じで、高設定を匂わせる挙動が起きた上で

絶頂対決に突入する、金閣寺が出現したのでしょうがなく回す

というパターンが多いですね。


・・・設定5は安定感が無いので好きじゃないんです。




番長3で1回目のBBで絶頂対決に突入する確率は

設定5以外でも現実的な確率なので

過信は禁物ですぞ!






・・・なんで番長の話をしているんだろう!w




次回は裏モノの設定状況と、各設定の役割や小話をしていきますので

お時間が有る方は是非見て行ってください。



今回も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!






関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ゴト師

Author:元ゴト師
FC2ブログへようこそ!

人気記事

軽量 ページネーション

スポンサーリンク

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
56位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
19位
サブジャンルランキングを見る>>

過去記事へ飛べるカレンダー

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト